フィジー ~ パート3 ~ コナー&アドリアーノ

みんなフィジープロを見たと思うし、いい波に恵まれたことは知っているはずだ。特にその波のよさはウェイティング期間の最後2、3日間で際立っていた。しかし、コンテスト後に波がどれくらいよくなったのかというのは、あまり知られていない。ここにアップした写真を見れば、どんなによかったのかわかってもらえるだろう。コナーとアドリアーノは、コンテスト後もフィジーに残った何人かのうちの二人だ。残ることにしたのは、それほど難しい決断ではなかったみたいだけれど…。

コナー・コフィン:

6’0”×18 1/2”×2 1/4” 25.8L The Proton

6’3”×18 1/2”×2 5/16” 28.1L The Fred Rubble

5’9”×16 3/4”×2” Tow Board(ケリー・スレーター所有)

アドリアーノ・デ・スーザ:

6’3”×18 3/16”×2 3/16” 25.9L The Taco Grinder

6’6”×18 1/4”×2 3/16” 26.5L The Semi Pro 12

6’10”×18 1/4”×2 3/16” 28.3L The Taco Grinder

撮影:ライアン・ミラー

ツイートツイート