デーンG=パワー

デーン・ガダスカスがノースショアにやってきて早1ヶ月が過ぎた。そして彼は完璧にここの波にフィットしている。もはや彼の専売特許となりつつあるバックサイド/フロントサイドのレールで波をエグるようなグラブレール・カットバックを含めた、いろんな写真をゲットした…。

「The Rocket 9のアウトラインは、少しだけワイデストポイントを前に設定しながら、スナップの効いたマニューバーが可能になるようにテールを絞ってあるんだ。あと、スワローテールなのもクイックなターンが可能な理由なんだ。僕がこのボードに求めたのは、平均的なカリフォルニアのビーチブレイクから小ぶりなグリグリのチューブまでのコンディションを想定した上で、スピードが速いということと、自分が思い描くようにハードなターンができるということ。これは僕がこれまで乗ってきた中で最もいろんなシチュエーションで使えるボードだと思う

5’8”×19 1/4”×2 1/2” 29.1L The Rocket 9

僕がThe Rocket 9を乗るときは、ノーマルなショートボードよりも2インチ短く設定している。ワイデストポイントを前に持ってきたアウトラインだから、見た目的には胸の下付近のボリュームは感じなくても、短めのボードに乗っていることがわからないくらいパドリングが速いって感じることができるはずだよ」 – デーン・ガダスカス

撮影:ライアン・ミラートレヴァ・モーランスティーブ・シャーマン

ツイートツイート