ドラマ@パイプマスターズ

なんというエキサイティングな一年の終わりだろうか! 我々はレジェンドを失い、新しいホープを得た。カイ・オットンが10年の華麗なるキャリアの末に引退し、ナット・ヤングがリクオリファイにわずかに及ばずCT落ち。五十嵐カノアが準優勝し、ダブル・クオリファイを決定付けたことによってジーク・ラウが2017年のCT入りを決めた。コナー・コフィンはルーキー・オブ・ザ・イヤーにあと一歩及ばず(わずか0.7ポイントの差)、ジョディ・スミスはCTの年間ランキングを2位でフィニッシュした。チームCIにとって素晴らしい年となったのは間違いない。そして2017年が待ち遠しい!

五十嵐カノア – 6’1”×18 1/2”×2 5/16” The Semi Proを使用してパイプマスターズを2位でフィニッシュ。CTのランキングを20位、QSのランキングを5位で終えた。

ジョディ・スミス – パイプマスターズで5位に入り、年間ランキングを2位でフィニッシュ。6’3”×19”×2 5/8” 32.3L The Taco Grinder

ナット・ヤング – パイプマスターズで9位に入り、年間ランキングを23位でフィニッシュ。6’1”×18 1/2”×2 5/16” 27.2L The Rookie 15

コナー・コフィン – パイプマスターズを13位で終え、年間ランキングを17位でフィニッシュ。6’1”×18 1/2”×2 5/16”  The Proton

ジーク・ラウ – 6’3”×19”×2 3/8 The Semi Pro 12

写真:ライアン・ミラートレヴァ・モーランスティーブ・シャーマン

ツイートツイート