CI

ドラマ@パイプマスターズ

December 31, 2016 / surfboards

スクリーンショット 2016-12-30 18.18.02 なんというエキサイティングな一年の終わりだろうか! 我々はレジェンドを失い、新しいホープを得た。カイ・オットンが10年の華麗なるキャリアの末に引退し、ナット・ヤングがリクオリファイにわずかに及ばずCT落ち。五十嵐カノアが準優勝し、ダブル・クオリファイを決定付けたことによってジーク・ラウが2017年のCT入りを決めた。コナー・コフィンはルーキー・オブ・ザ・イヤーにあと一歩及ばず(わずか0.7ポイントの差)、ジョディ・スミスはCTの年間ラン

The Rocket 9に乗るアレックス・スミス、インドネシアにて

December 31, 2016 / surfboards

Screen-Shot-2016-12-15-at-11.02.02-AM-700x394 アレックス・スミスはこの前、ドローンを持って(彼自身が操縦する)、フィルマー(カルロ・コーラル)と共にレイキーピークにトリップへ行った。これがその模様だ。The Rocket 9に最適なファンなライト&レフトの波がそこにはあった…。 5’6”×18 1/2”×2 5/16” 25.1L The Rocket 9 音楽:ランドン・マクナマラ https://landon-mcnamara.com

デーンG=パワー

December 31, 2016 / surfboards

MoranT_Hawaii16_01453-700x467 デーン・ガダスカスがノースショアにやってきて早1ヶ月が過ぎた。そして彼は完璧にここの波にフィットしている。もはや彼の専売特許となりつつあるバックサイド/フロントサイドのレールで波をエグるようなグラブレール・カットバックを含めた、いろんな写真をゲットした…。 「The Rocket 9のアウトラインは、少しだけワイデストポイントを前に設定しながら、スナップの効いたマニューバーが可能になるようにテールを絞ってあるんだ。あと、スワローテールな

ジョディのジャパンツアー

December 13, 2016 / surfboards

スクリーンショット 2016-12-13 16.21.17 ジョディは日本を訪れ、店内でのサイン会から2020年の東京オリンピックのことまで多岐に渡ってプロモーションをこなした。同時に、自分が逆にサインを求めていた7歳のころを思い出していたはずだ。  次から次へとディープなカルチャーに触れ、ハッピーなバイブスを感じたジョディは、日本と日本人の素晴らしさを発見したことだろう。

ウォームアップ@パイプ&バックドア

December 13, 2016 / surfboards

スクリーンショット 2016-12-13 16.21.13 パイプマスターズのウェイティング期間が始まったが、残念ながら不安定なコンディションでコンテストは行われず。前日に開催していれば…パイプ、バックドア&オフザウォールでは4〜6ftの波がブレイク。コンペティターたちは練習をしに海に入り、コンテストのスタートを切望していた。今後、天気図上にソリッドなうねりの源が発生することを期待しよう。 撮影:トレヴァ・モーラン&ライアン・ミラー