デーン・ガダスカスのSprit Animal

November 05, 2016 / surfboards

スクリーンショット 2016-11-02 22.40.01 デーン・ガダスカス:いつでも楽天主義で、どこまでも情熱家。   潮回りは干潮に向けて動いていて、うねりも風も強さを増していた。「人が完全にいなくなったね」とデーンは言った。波をキャッチすることさえリスクを伴うコンディションだったが、彼はそのリスクと報酬を天秤にかけていた。彼はパーフェクトなコンディションのクラウドブレイクを見たのは一度しかなく、5月25日はデカい以外の何物でもなかった。デーンは横へ横へと進んで行く方向が最も安全

なぜブリットは“Stab in the Dark”の企画のためにボンザーをデーンにシェイプしたのか

November 05, 2016 / surfboards

スクリーンショット 2016-11-02 22.39.56 「ん〜、この企画のサーファーがデーンだってことは知ってたし、僕はデーンのシェイパーだから、この企画に参加することは少し奇妙に感じて、実際に僕はこの企画を断ったんだ。それでも参加してくれって頼まれたってわけさ」。このエピソードのシェイパーであるブリット・メリックはそう認めた。「Stab in the Darkには僕が毎日デーンにシェイプしているようなボードを提供したくなかった。だからオルタナティブなボードにしたんだ。僕はずっとマルコム・キ

ソリ・ベイリーはオリンピックで戦うくらいなら乳首を失うことを選ぶ!

November 05, 2016 / surfboards

スクリーンショット 2016-11-02 22.39.46 コンピュータ・ジレンマはStabがお気に入りのサーファーを起用し、どっちを選ぶかをテーマに企画を進めるデジタルシリーズだ。マーティン・ポッターか、ガブリエル・メディナか? とか、タバスコソースか、裸でWSLのコンテスト会場を突っ走るか、とか。で、今回はソリ・ベイリー氏に型破りな問題を持ち出して、かなり際どくて、エッジの効いた質問をぶつけてみた。彼は落ち着き払って、質問に上手く応えてくれた。もちろんサーフィンも素晴らしかった。あれ? まだ

カノア&ジーク、タヒチでの競演

November 05, 2016 / surfboards

スクリーンショット 2016-11-02 22.38.58 「我々はジーク・ラウとカノア五十嵐とともにタヒチへ初となるDCサーフのトリップに出かけた。まさにトロピカルパラダイスと呼ぶにふさわしいタヒチで彼らは数日間、ノンストップにサーフ。波乗りと食事をずっと繰り返していたのだ」—DCサーフ

Video:コナー&キリアンの南カリフォルニア・リッピング

November 05, 2016 / surfboards

スクリーンショット 2016-11-02 22.38.10 ここ何週間か南カリフォルニアにはファンなスウェルが連続して届いている。少し風波の要素が混じった南うねりだ。特別な波ではないけれど、それでもファンな波なのは間違いない。この映像は、コナー・コフィンとキリアン・ガーランドが何本か新しいボードをテストしたときのものと、デーン・レイノルズの乗った1、2本のライディングのものだ。楽しんでほしい。