The MTF Altered

Model Description

1995年に初めて市場に出回ったこのモデルは、わずかなThe MTFフリークによって乗られる以外は、徐々に姿を消していくことになった。ロブ・マチャドのマジックボードである5’8″×18 1/2″×2 1/4″ツインフィナーのThe MTFがストックルームに保管されたままだったが、それをデーン・レイノルズが見つけ出し、レメイクして2009年に再リリース。デーンは2009年にフランスで行われたWCTでロブのThe MTFからウイングを取り払ったレプリカを使用した。そのロブのマジックボードは度重なるリペアでウイングが埋められてなくなり、そのお陰で新たなテールアウトラインが完成したのだった。つまり、デーンがそのマジックボードをリメイクするようにリクエストして生まれたボードがこの新しいバージョンのThe MTF。元々は小波を想定して作られたボードだが、テール幅を狭くし、小振りなスワローテールに変更することによって、オーバーヘッドの波でも容易に対応できるモデルへと進化を遂げた。また、ロッカーを抑えたことでスピード性能が格段に上がり、ツインフィン+センターのスタビライザーがルースなフィーリングと絶妙な安定感のコンビネーションを実現させた。
ポイント:このボードは思った以上にボリュームがあるので、1/8インチ薄くし、長さを1インチ短くしてもいいだろう。

Feedback

The MTFフリークが増加中。

Designed For

初心者からエキスパートまで、誰でもどこでも乗りこなせ、小さな弧を描く鋭角なターンが可能。