The Bonzer 3D

チャネルアイランズは初となるマルコム・キャンベルとブリット・メリック、そしてデーン・レイノルズのコラボレーションモデルを、ここに自信を持って発表しよう。この3人は最近、シェイプルームに集まって、生のブランクスからデザインを起こし、1970年代の要素と現代の要素をブレンドして、デーンのためのボードをハンドシェイプしてきた。結果として、平均的な波で威力を発揮するファンでクイック、かつパンチの効いたステップダウンボードが仕上がった。現代のハイブリットなアウトライン、抑え気味のロッカー、ワイドなアークテールといった特徴がボードにさらなるリフトを生み出し、サイドフィンの長いベースがタイムレスなスピード性能とドライブ性能を実現。すべてのボードに対して、ボンザーのボトム形状に沿ってエアーブラシで色付けがなされ、フィンがすべて付属として付いてくる。自分の身長と同じか、短めで乗るのがおすすめ。

WAVE

サイズ
コシ – アタマ
ブレイク
ポイントブレイク – リーフブレイク – ビーチブレイク
パワー
弱い/厚め – ミディアム/急斜面

PERFORMANCE

アプローチ
パワー/カービング – クルージング/ポジショナル
スキルレベル
初心者 – エキスパート
フットオリエンテーション
ニュートラル

SHAPE

フォイル/レール
ミディアム – フル
ノースシェイプ
尖ったデザイン
テール幅
ワイド
エントリーロッカー
緩やか
テールロッカー
ミディアム – アグレッシブ
ロッカースタイル
段階的に施されたロッカー
アウトライン
カービー