The Proton by Dane Reynolds

The Proton – “2009年度SIMAボード・オブ・ザ・イヤー受賞”

Model Description

2009年度のSIMAボードオブザイヤーに輝いたThe Protonは、デーン・レイノルズが2007年にWCT入りを目指してアルと開発したモデル。波のポケットを使うようないい波でサーフィンするときには、今なおデーンにとって欠かせないボードになっていて、特に上級レベルのサーファーたちに愛用されている。
どのモデルともまったく異なり、全体に施された継続的なロッカーが特徴で、オリジナルで非常に独創的なデザインに仕上がっている。また、深いシングルコンケーブのボトム形状とフルレールも特徴。デーンは通常2 3/8″の厚さのボードに乗っているが、The Protonの場合は2 1/4″でオーダーしている。つまり、通常のショートボードよりも1/8インチ薄くしたセッティングがおすすめ。

Feedback

「反応が速く、クイックな感触を得られるところが気に入っているんだ。このボードを自分のモデルとして出せるなんて、すごく嬉しいよ」- デーン・レイノルズ

Ideal Wave Size

パワーのあるコシ~オーバーヘッド以上の波に対応する上級者~エキスパート向けのボード。さらに大きな波のときは、The Proton Step-Upとしてオーダーができる。

Stock Dimensions and Volumes

    Dimensions Volumes
Stock Length Glass Width Thickness Liters
5’10 UL/SO 18 2 21.7L
5’11 UL/SO 18 1/8 2 1/16 22.9L
6’0 UL/SO 18 1/4 2 1/8 23.9L
6’1 UL/SO 18 3/8 2 3/16 25.3L
6’2 UL/SO 18 5/8 2 1/4 26.8L
6’3 UL/SO 18 7/8 2 5/16 28.1L
6’4 UL/SO 19 1/8 2 3/8 29.7L
6’5 UL/SO 19 1/4 2 7/16 32.1L
6’6 UL/SO 19 1/2 2 1/2 32.8L
6’8 UL/SO 19 7/8 2 5/8 35.9L
6’10 UL/SO 20 1/4 2 3/4 39.4L
7’0 UL/SO 20 3/4 2 7/8 43.14L
7’2 UL/SO 21 2 7/8 44.8L