The Rookie 15

2010年のWCTツアーで初めて披露されたThe Rookieが、今年、WCTツアーを廻るCIチームライダーたちによって再注目された。シーバス、ケリー、アドリアーノ、レイキー、ビアンカ、セージ、カイといったサーファーたちがこの新しくなったThe Rookie 15に乗ってヒートを勝ち上がっていったのだ。オリジナルのThe Rookieよりも短く、ワイドに設定するのが好ましいこのThe Rookie 15は、究極のコンテスト用ボードと言えよう。全体的にシングルコンケーブが施され、レール・トゥ・レールのサーフィンで真価を発揮。自分の身長と同じか、2”長く乗るのがベスト。

SHAPE

フォイル/レール
ミディアム/フル
ノーズシェイプ
尖ったデザイン
テール幅
ミディアム
ノーズロッカー
ミディアム
テールロッカー
アグレッシブ
ロッカースタイル
全体的に施されたロッカー
アウトライン
ストレート

PERFORMANCE

アプローチ
バーティカル – ポケット – パワー/カービング
スキルレベル
エキスパート
フットオリエンテーション
ニュートラル/前足乗り

WAVE

サイズ
ムネ – アタマ – ダブル – ダブルオーバーヘッド
ブレイク
ポイントブレイク – ビーチブレイク – リーフブレイク
パワー
ミディアム/急斜面 – ストロング/バレル

Stock Dimensions and Volumes

スタンダードディメンション

  Dimensions Volumes
Stock Length Width Thickness Liters
5’6 18 3/8 2 1/16 21.7 L
5’8 18 3/8 2 1/8 23.2 L
5’9 18 1/2 2 3/16 24.4 L
5’10 18 5/8 2 1/4 25.6 L
5’11 18 7/8 2 5/16 27.0 L
6’0 19 2 3/8 28.3 L
6’1 19 1/8 2 7/16 29.7 L
6’2 19 1/4 2 1/2 30.9 L
6’3 19 1/2 2 9/16 32.7 L
6’4 19 3/4 2 5/8 34.3 L
6’5 19 7/8 2 11/16 35.8 L
6’6 20 2 3/4 37.4 L
6’8 20 1/4 2 3/4 38.8 L
6’10 20 1/2 2 7/8 42.1 L