The Warp by Shaun Tomson

Model Description

チャネルアイランズのチームライダーであり、1978年の世界チャンピオンであるショーン・トムソンが、中高年が平均的な波でサーフィンする場合でもできるだけ波を取りやすく、それでいてマニューバーを描くことも可能なボードを作ってほしい、というリクエストをしてでき上がったのがこのモデル。十分なボリュームを備えているのでパドリングが楽で、波を掴まえるのが容易。前足付近に入ったシングルコンケーブは、テイクオフ時からパンチの効いたドライブ感を得ることができ、ダブルコンケーブとVeeのコンビネーションは浮き上がるようなフィーリングを生み出し、レール・トゥ・レールの切り替えをイージーにする。スワローテールが標準のセッティング。The WarpはThe Flyerと同じ長さで乗るのがおすすめ。

Designed For

ヒザ~オーバーヘッド

Stock Dimensions and Volumes

    Dimensions Volumes
Stock Length Glass Width Thickness Liters
5’9 UL/SO 19 2 5/16 26.7L
5’11 UL/SO 19 1/4 2 7/16 29.4L
6’1 UL/SO 19 5/8 2 5/8 33.3L
6’3 UL/SO 20 2 11/16 35.7L
6’5 UL/SO 20 1/4 2 3/4 38.0L
6’7 UL/SO 20 1/2 2 7/8 41.4L